えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

たんぽぽとおれの感傷
たんぽぽとおれのかんしょう
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「日本プロレタリア文学集・38 プロレタリア詩集(一)」 新日本出版社
1987(昭和62)年5月25日
入力者坂本真一
校正者雪森
公開 / 更新2016-01-15 / 2015-12-24
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


春の訪れをまっ先に知らせてくれた
黄色に輝くたんぽぽの花よ、
いま恍惚と夢見るように
まっしろな球形の頭を微風になびかして
音もなくふっわりと羽蟻のごとく飛びゆく数々の種子は
青空の彼方へ
飛び行く種子よ!
周囲に呻吟するおれの希望を、思想を
雁のごとく伝波せよ
そして来たるべき春に
雨・風・嵐に打ち勝って
工場の屋根に、野原に、ビルディングの窓に
鮮やかな黄色な花を開け!
(獄中から鶴巻盛一宛書簡一九三〇年五月十四日付 『陀田勘助詩集』を底本)



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko