えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

プチロフ工場
プチロフこうじょう
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「日本プロレタリア文学集・39 プロレタリア詩集(二)」 新日本出版社
1987(昭和62)年6月30日
初出「文芸戦線」1929(昭和4)年11月臨時増刊号
入力者坂本真一
校正者雪森
公開 / 更新2014-06-30 / 2014-09-16
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


プチロフ工場の兄弟と
蹶起した罷工の勇壮を讃えよ。
伝統と鉄鎖を打ち摧き
狂気したツアーの暴逆の中に
反逆の矢を射たのは彼等だ。
巨大なる世界の基礎を置き
不滅なる労働の旗の下に殉死したのも彼等だ。
彼等は全世界の曙光で有り宇宙廓清の最初の猛火だ。
彼等ではないか銃火と剣に突き刺され乍ら防砦を築いたのは。
身を持って戦術を教えたのは。
彼等は最後の敗戦で有り全世界最初の勝利だ。
彼等が銃弾の前に斃れた時
宇宙空前の太陽は孕まれていたではないか。
十月の紫の日の勝鬨は敗惨の中に兆していたではないか。
(『文芸戦線』一九二九年十一月臨時増刊号に今村桓夫名で発表)



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko