えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

職場の歌
しょくばのうた
副題――遠き地にいったるあいつにおくる――
とおきちにいったるあいつにおくる
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「日本プロレタリア文学集・39 プロレタリア詩集(二)」 新日本出版社
1987(昭和62)年6月30日
入力者坂本真一
校正者雪森
公開 / 更新2015-09-25 / 2015-05-25
長さの目安約 2 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


ダンダンダンダン……
歯車がかちかちとわめいている
モートルの野郎はブーンとうなっていやがらあ
ベルトが二百五十の回転速力できざむ様に……
ダンダンダンダン……
源兄いお前そのベルトの奴に右手を半分取られたな
近所の義もそのベルトの奴に指を三本喰われちまったぞ
ダンダンダンダン……
畜生ベルトの奴
貴様まで俺達の血をしぼると云うのか
源兄いが右手を取られた時の姿
近所の義が指を喰われた時の姿
血潮をしたたらせ歯をくいしばり
口唇は青ざめ
死人のようだって
思うと皮膚がむせかえるようだぞ
ダンダンダンダン……
職長の野郎少し口ひげをたくわえやがって……
右手と口で俺達を牛馬の様に使っていやがら……
畜生……
五年越のベルトで源兄いがやられた
六年越のベルトで近所の義がやられた
野郎
ベルトの一生を何年と思っていやがら……
ダンダンダンダン……
十五番力のモートルは地震のような金属の響きを立て……
俺はその音を圧し……
兄弟達に話す
「ベルトと源兄いの関係や
そして自由の国の話を」
ダンダンダンダン……
外はつららの張り切った寒い冬空
いつとられるや知れないこの足
いつとられるや知れないこの手
いつ喰いこまれるや知れないこの体
手足がしびれ体がかちばっているぜ
体が死人の様につめたいぞ!
この顔色を見ろ!
職長俺達も人間だぞ!
ダンダンダンダン……
だが見よ! 兄弟
体は氷りついて寒いがな!
胸に燃えつづける戦いの炎は
いつも真赤に焼けているぞ
(発表誌不詳 一九三四年十月前奏社刊『一九三四年詩集』を底本)



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko