えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

幸福
こうふく
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「日本プロレタリア文学集・38 プロレタリア詩集(一)」 新日本出版社
1987(昭和62)年5月25日
入力者坂本真一
校正者雪森
公開 / 更新2016-01-25 / 2015-12-24
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


ほんの僅かな時でよい
生活のわずらいから脱れ
静な時をもつ事は――
おお 何と云う仕合せだろう

昨日 私は 書斎で
たった一人ッきりの私の世界で
海を越えた遠い国の 心の友の著書を読み
今日も亦 別の友のを読んだが

私は私のこころにふれ
私の一番懐しい私を
彼処に
そして 一人はもう此の世を去った過ぎし日に
時と処とを越えて見出した

ああ その歓び その深い歓び
永遠の自分を感じた霊の潤い
これこそ まことの私の幸福
それにしてもそれにしても
その僅な時をすら与えられないとは

友よ 取ろうではないか
この最もハンブルな 無形な幸福を――いやその幸福を 邪魔する間垣を破ろうではないか
永遠の人類のために――さあ
そのために此の身を捨てても進もうではないか
我等のつとめを果すために
(発表誌不詳 『社会派アンソロジー集成』別巻を底本)



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko