えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

白い独楽
しろいこま
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「沖縄文学全集 第1巻 詩Ⅰ」 国書刊行会
1991(平成3)年6月6日
入力者坂本真一
校正者良本典代
公開 / 更新2017-03-09 / 2017-01-12
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)

広告

えあ草紙で読む
HTMLページで読む

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

amazon.co.jp

広告

本文より


白昼だから 秋だから 原つぱは白かつた
白昼だから 秋だから 空も白かつた
原つぱのまんなかでひとり
戸山学校の生徒が喇叭を吹いてゐた
赤いズボンはいて喇叭を吹いてゐた
白昼だから 秋だから 原つぱは廻つてゐた
白昼だから 秋だから 空も廻つてゐた
赤い心が澄んで廻つてゐた
喇叭を吹いて廻つてゐた



えあ草紙で読む

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2017 Sato Kazuhiko