えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

武蔵旅日記
むさしたびにっき
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「山中貞雄作品集 全一巻」 実業之日本社
1998(平成10)年10月28日
入力者平川哲生
校正者門田裕志
公開 / 更新2012-11-16 / 2014-11-12
長さの目安約 28 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

T 芸州広島
 弥生ヶ岡の
 花時雨

S=弥生ヶ岡
 花が散る、花が散る。
 群集がワーと喚声を挙げた。
 大声に、
T「喜平次の
 馬鹿野郎!
 斬られて了え!」(少し大きな字)
 有馬喜平次を先頭に紫羽織十五人組が抜刀でじりじり迫る。
 群集、
T「宮本先生
 其奴を
 叩ッ斬って下され!」(文字少し大きく)
 宮本武蔵、両刀を抜いて毅然と立つ。
 群集が又、
T「喜平次は
 鬼だ!」(少し大きく)
 と言って、
T「此の町の毒虫だ!」(少し大きく)
 紫羽織の一人、怒って武蔵に斬って掛かる。
 一足退いて武蔵、其奴を叩ッ斬る。
 ワーと挙がる喚声。
 乱闘、派手な奴。
 群衆の喚声。
 武蔵の大奮戦。
 遂に喜平次、叩ッ斬る。
 ワーと挙がる見物の喚声。
(F・O)

S=大川
 乗合舟。
 大勢の乗客の中に旅の商人が一人、
 (薬売の様な風体)
 それが、話し手である。
T「その宮本先生の
 強い事、強い事」
 と言って、
T「先づ
 日本一で
 御座んしょうね」
 と言った。
 感心する乗合の客。
 舟端で聞くとも無しに此の話を聞いて居た、女賊白狐のおしまが、そッと微笑んだ。
 そして、独り言、
T「そんな強い先生に
 一度、遭って
 見たい」
 と言った。
 川の流れ。
(F・O)
T 兎も角
 当時、宮本武蔵の名は
 津々浦々に響き渡っていた

S=道場の表
 念流剣道指南、森脇左十郎の門外である。
 今しも、その表に立ち止った一人の武者修業の侍(早水団九郎)
 のこのこ門内へ入る。

S=玄関で
 団九郎が取次の侍に向って大声挙げて叫んだ。
T「拙者、天下の浪人
 宮本武蔵政名と
 申す者」
 「ソーラ来た」と取次の侍早顔色が無い。
 団九郎、尚も大声に、
T「先生に一本
 御手合せ
 願い度く」
 取次の侍「暫時御待ちの程を」と言って、
 泡喰って、奥へ注進する。
 してやったりと団九郎、ほくそ笑んだ。
(F・O)

 やがて、
 取次の侍が、恐る恐る出て来て、其の場にペタリと平伏した。
 「如何で御座る」と団九郎。
 侍が、
T「先生
 只今御病気中に
 御座れば」
 ナニッ病気、と団九郎、
 取次の侍、紙包を取り出して、
T「誠に軽少に
 御座るが
 ホンの草鞋銭」
 と団九郎の前に差し出す。
 してやったりと団九郎、「それは残念」とか何とか言い乍ら、その紙包を受け取った。

S=表
 出て来た団九郎、紙包を取り出して中の金子を、紙入れに収めて、
 せせら笑って、立ち去った。
(F・O)

S=別な道場の表
 今度は一刀流の先生、浮田源兵衛の門前だ。
 団九郎、悠々として、門内に入る。

S=玄関
 頼もう、と呼ぶ声に応じて取次の侍。
 団九郎声張り上げて、
T「拙者天下の浪人
 宮本武蔵政名と申す」
 で取次の侍、例の如く驚いた。

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko