えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

秋の小曲
あきのしょうきょく
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「沖縄文学全集 第1巻 詩Ⅰ」 国書刊行会
1991(平成3)年6月6日
初出「沖縄毎日新聞」1912(大正元)年11月6日
入力者坂本真一
校正者良本典代
公開 / 更新2016-11-16 / 2016-09-09
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)

広告

えあ草紙で読む
HTMLページで読む

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

amazon.co.jp

広告

本文より


     [#挿絵]

秋の木の葉がふるひ出す、
ものにおびへた眼の色は、
たゞ白びかり――何を見る。
ひら/\と黄葉がちる、
彼れは何処へ? 真暗な、
谷へほこらへ――あな消へた。

     [#挿絵]

暗い森から鳥が啼く、
あなほろ/\と、そこなりに………

ある触るる音よ、暮るる日の
天と人とのなかを過ぐ。
食ひのこしたるパンの切れ、
ぢつとみつめば、涙ぐむ。

     [#挿絵]

白髪頭のお爺さん、
曲つた腰もかまはずに、
物識り顔に世を渡る。
前にあるのは何かいな、
後ろにゐるのは誰れかいな、
静かに眼ひらき見よ!
前にあるのは白き家、
後ろにあるは、黒き影、
なかのお爺さんそを知らぬ。

     [#挿絵]

空が焼けた、真紅にやけた!
悪しき獣を屠つたやうに………。
空の自然□鏡なら、
人間道 悲惨な心、
写し出した地獄□か?



えあ草紙で読む

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2017 Sato Kazuhiko