えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

水浴び
みずあび
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「沖縄文学全集 第1巻 詩Ⅰ」 国書刊行会
1991(平成3)年6月6日
入力者坂本真一
校正者良本典代
公開 / 更新2017-07-18 / 2017-07-17
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)

広告

えあ草紙で読む
HTMLページで読む

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

amazon.co.jp

広告

本文より


海水から金が採れるといふが地球全表面その三分の二の海から幾噸の金がにぎれるか
濡れ手に千金 それを湯水のやうに浪費せばたのしからん
水のやうに金をつかふ いや 躯いつぱい水を流せば水はぜいたくな幻想となりおれのてつぺんにぜにの音がはじけ散るよ
ありあまり溢れる量のやはらかく
水道の口金はじけ怒るごとく水の放出になにか溜飲のさがるやうす
水の鋼鉄にうなじを敲かし恣なるしばしのとき……



えあ草紙で読む

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2017 Sato Kazuhiko