えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

声をあげて泣く
こえをあげてなく
副題――私の処女出版
――わたしのしょじょしゅっぱん
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「山之口貘詩文集」 講談社文芸文庫、講談社
1999(平成11)年5月10日
初出「東京新聞」1954(昭和29)年12月27日
入力者kompass
校正者門田裕志
公開 / 更新2014-01-24 / 2014-09-16
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


 かつて、「むらさき」という雑誌があった。国文学の関係の雑誌で、時々、ぼくの詩を載せてくれたが、編集長の小笹功氏のあっせんで、昭和十三年の八月に、詩集『思弁の苑』を出した。発行所は、むらさき出版部で、神田の巌松堂書店のなかにあった。詩集の巻頭に、佐藤春夫、金子光晴両氏の序詩、序文を飾った。なにしろ、郷里の沖縄を出て十六年目ぐらいのことではあり、結婚したばかりのことではあり、生れてはじめて手にしてみた印税という金であったりしたせいでもあったろうが、なによりもまず、最初の詩集であったことが、ぼくをして声はりあげさせて泣かせたのであった。ここで、ペンをおいて、「そろそろまた詩集を出したくなった。」と、傍にいる女房に話しかけたところ、女房のヤツもあのときのことを覚えていたと見えて、「詩集を出してまた泣きな。」と言いやがった。
(「東京新聞」一九五四年一二月二七日)



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko