えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

PANTOMIME
パントマイム
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「富永太郎詩集」 現代詩文庫、思潮社
1975(昭和50)年7月10日
入力者村松洋一
校正者川山隆
公開 / 更新2014-03-17 / 2014-09-16
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)

広告

えあ草紙で読む
HTMLページで読む

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

amazon.co.jp

広告

本文より


うす暗い椽側の端で、
琥珀色した女の瞳が
光つた――夫に叛いた。

もうむかふへ向いた、
庭の樹立と遊んでゐる――
あの狡猾なまなざしは。

とり残された共犯者が
清潔な触手で追ひかける。
だがみんな滑つてしまつた、
女の冷たい角膜の上を。

夫の眼がやつと、鋭く、追ひかけた。
薄闇の中でカチカチとぶつかる、
樹と 夕焼と 瞳と、
瞳と……瞳と……。



えあ草紙で読む

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2017 Sato Kazuhiko