えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

深夜の道士
しんやのどうし
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「富永太郎詩集」 現代詩文庫、思潮社
1975(昭和50)年7月10日
入力者村松洋一
校正者川山隆
公開 / 更新2014-04-01 / 2014-09-16
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


人語なく、月なき今宵
色ねびし窓帷の吐息する
此の古城なる図書室の中央の
遠き異国の材もて組める
残忍の相ある堅き牀机に
ありし日よりの凝固せる大気の重圧に
生得の歪悉皆消散せる
一片の此の肉体を枯坐せしめ
勇猛なく效なき修道なれど
なほそが為に日頃捨離せる真夜中の休息を
貪りて、また貪らうとはする。

青笠に銀の台ある古いらんぷが
この陰惨の大図書室の
四周に、はた床上に高々と積みなせる
ありし世の虚しき錬金の道士、呪文の行者らの
これら怪奇の古書冊を照し出だせば
一切は錯落の影を湛へ
影は層々の影を生む。

何者の驕慢ぞ――この深夜一切倦怠の時
薄明のわだつみの泡のやうに
数夥しい侏儒のやから
おのがじゝ濃藍色の影に拠り
乱舞して湧き出でゝ
竜眼肉の核めいたつぶら眼をむき出だし、今
侮慢を、嘲笑を踏歌すれば
宿命の氷れる嵐
狂ほしく胸の扉に吹き入つて
今や、はや、肉枯れし腕さし延べ
はかなき指頭に現象の秘奥まさぐり
まことの君に帰命せん心も失せて
難行の坐に、放心し、仮睡する……。



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko