えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

ごくあくウサギのものがたり
ごくあくウサギのものがたり
原題THE STORY OF A FIERCE BAD RABBIT
著者
翻訳者大久保 ゆう
文字遣い新字新仮名
入力者大久保ゆう
校正者
公開 / 更新2014-06-03 / 2014-09-16
長さの目安約 2 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


[#挿絵]
[#挿絵]

[#挿絵]
 こちらは ごくあくウサギ。 ほら、 げひんな おひげに するどい つめ、 それに あの さかだった しっぽ。

[#挿絵]
 こちらは おっとりウサギ。 てには おかあさんから もらった ニンジンです。

[#挿絵]
 わるウサギが ニンジンを ほしがりました。

[#挿絵]
 それで「ください」とも いわずに かっぱらって!

[#挿絵]
 しかも やさウサギを めためたに ひっかいたのです。

[#挿絵]
 やさウサギは ほうほうのていで、 あなに にげこみました。 しゅんと しています。

[#挿絵]
 こちらは てっぽうを かかえた にんげん。

[#挿絵]
 めのまえで ながいすに なにかが おすわりしています。 もしや かわった とりさんかな[#挿絵]

[#挿絵]
 にんげんが きのうらから そろり しのびよります。

[#挿絵]
 それから てっぽうを ぶっぱなす ―― ばーん!

[#挿絵]
 すると こうなりまして ――

[#挿絵]
 ところが ながいすの うえには きづけば これだけ。 てっぽうを てに かけよります。

[#挿絵]
 あなから ようすを うかがっていた やさウサギ ……

[#挿絵]
 …… そして めのさきには わるウサギが なみだ ぽろぽろ はしるさま ―― しっぽも ひげも ないままに!

(おしまい)



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko