えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

種紙の青む頃
たねがみのあおむころ
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「日本の名随筆17 春」 作品社
1984(昭和59)年3月25日
入力者M.M.
校正者川山隆
公開 / 更新2014-11-23 / 2014-10-13
長さの目安約 3 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より

 私は学校から帰るや否や、包みをそこに放り出しておいて、勝手元に駈けあがり、板の間にお膳を持ち出して、おおきな茶碗をかかえるようにしながら、飯櫃から冷たい飯を手盛りにしては、湯をかけて、さらさらと流し込むのである。二杯ばかりはいつか知らぬまに胃袋のなかに流れ込んでいる。三杯目をさらさらと食べながら、障子をあけはなしてある座敷越しに、遠く田圃向うの畑を見渡すと、菜の花が黄いろく咲いている。その菜の花のなかを大きな人の頭が動いてとおる。その人の頭が此方をみて鳥渡お辞儀をしたと思ったら、つと見えなくなる。するとそのあとから白い手拭をかぶった若い女が矢張りお辞儀をして行く。それは庭に立っている父に往還を通る人が挨拶して行ったのだとわかる。で、私はまたさらさらと茶漬をかき込む。
 笊に間引いた京菜を入れて、上の畑から母が帰えってくる。
「おや、この子は御飯をたべているの。」
「俺はお腹が空いたから三杯食べたよ。それからね……。」
「もっと食べようと思って考えているの。」
「でも何にもお菜がないんだもの。」
「お菜なしで三杯もたべられたら沢山じゃありませんか。余り食べるとまた胃病になりますよ。」
 と話しているところへ、父が種紙を二三枚さげて座敷にあがってくる。
「種紙がすっかり青くなったぞ。」
「それじゃもう蚕が発生るの。」
「もう一週間もすると発生る。」
「桑の芽がすっかりふくらんで、日あたりのよいところはもうほぐれていますよ。」
 と母は手拭を頭からとりながら、土間に立って父の方を見ている。
「それでは畑の桑を見に行こう、おまえも一緒に行け。」
 と父は私を誘う。私は箸を膳の上に投げ出すようにして、土間にとびおりて草履をはく。父はもう竹藪のなかの坂路をあがりかけている。
「おい、お父さんを後から押してくれ。」
「ようし。」と私は父のふっくらとした腰のあたりに両手をあてて、後から押しあげる。父は故意と背を反らすようにして私を困まらせようとする。私は全身に力を入れて押しあげようとする。が、父の体はどっしりして重く、手が撓うようになる。怺らえきれなくなって、つと手をはなして横の方へとびのくと、父はよろよろと後ろに二三歩よろけて、青竹を捉えて倒れようとした体の位置をとりかえす。そして、ははははと大きな声で笑う。
「駄目、駄目、そんなことじゃ。では今度はお父様がおまえを押上げてやろう。」
 と言って父は私を先きにして、背なかを両手で軽く押さえて、ぐんぐんと押上げてくれる。
 私は後ろにのけぞり返るようにして、両足にあるかぎりの力を入れてふん張っても、ひょろひょろと前に体が出て行く。枝垂れていた笹の葉が顔にさらさらと触わる。と、もう藪の出口で、日が明るく照っている。とうとう私は藪上の桑畑の畦まで押しあげられる。
「や、おもいおもい、汗が出た。」
「お父さんは駄目だなア、俺は汗…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko