えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

書簡 蒲原房枝宛
しょかん かんばらふさえあて
副題(一九一五年頃)
(せんきゅうひゃくじゅうごねんごろ)
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「定本 伊藤野枝全集 第二巻 評論・随筆・書簡1――『青鞜』の時代」 學藝書林
2000(平成12)年5月31日
入力者酒井裕二
校正者雪森
公開 / 更新2016-04-26 / 2016-03-04
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より


発信地 東京市小石川区指ヶ谷町九二


 お手紙拝見、おたづねのこと、もつての外のことにて御返事のかぎりにこれなく候。私にこんなお手紙お書きになるまへに、しかと奥村氏にまでおたゞしになつてのことに候や一応お伺ひ申上候。もしまた奥村氏に直接おたゞしになつてのはなしならば私の方にても考へるところもこれあり候へども、さなくて清子氏よりのまた聞きにては、聞きちがひといふこともこれあり候まゝ、余りにはやまりたるお手紙と私は存じ申居候。とにかくいま一応奥村氏に直接おたゞし、相成りたく、私もこの手紙と同時、奥村氏へ手紙さし出し申すべく、只のことにてはこれなく候ゆゑ、しかとお調べ下さるべく願ひ上候。私はたとへ口がたてにさけても左様のこと申せし覚えこれなく候故、まるで見当がつき申さず候。尤もあなたのいつぞやのおはがきは、非常に冷嘲の意ほのめきて見え候故、それには少からず不快にて候故、そのことならば申候。念のため申添候。匆々
野枝
蒲原房枝様
[『(明治大正)女流名家書簡選集』、『婦人倶楽部』第七巻第一〇号〔一九二六年一〇月号〕附録]



えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko