えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

編輯室より
へんしゅうしつより
副題(一九一五年四月号)
(せんきゅうひゃくじゅうごねんしがつごう)
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「定本 伊藤野枝全集 第二巻 評論・随筆・書簡1――『青鞜』の時代」 學藝書林
2000(平成12)年5月31日
初出「青鞜 第五巻第四号」1915(大正4)年4月号
入力者酒井裕二
校正者雪森
公開 / 更新2017-01-28 / 2017-01-15
長さの目安約 4 ページ(500字/頁で計算)

広告

えあ草紙で読む
HTMLページで読む

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

amazon.co.jp

広告

本文より

□先月は随分つまらないものを出したので大分方々からおしかりを受けました。そのうめ合はせに今月は特別号にして少しよくしやうかと思ひましたけれど何しろちつとも準備が出来てゐませんから来月にしやうと思つてゐます。
□だん/\いゝ時候になつて来ました。暫く一緒に集まる機会がなくて過ぎました。近いうちに静かな処で一度会を開きたいとおもつてゐますが集まつて頂けるでせうかお茶でも飲んでしんみりと皆でお話したいと思ひます。
□この頃は頼まれないからなどゝ原稿をお書き下さらない向きもあるさうですが、私は原稿と云ふものは人にたのまれたからといつて書けるものでもないし頼まれないからいゝものが書けないつてこともないものだと思つてゐますのでどなたにかぎらず自信のあるいゝものが頂けるのをだまつて待つてゐるのです。却つてお頼みして無理にいやなのをわざ/\お書き下さるのも御迷惑と思はれますし私の方でもお願ひして書いて頂くからにはどうしてもつい出さねばならぬと云ふやうにわるい情実をこしらへることになりますからほしくてたまらないのをだまつて下さるのを待つてゐるのです。ですから何卒そんな偏屈――でもないでせうが――な考へをおすてなすつてどん/\おかき下さることをお願ひいたしておきます。
□平塚さんは今長篇御執筆中です。いよ/\発表される日のはやく来るのを待ちます。
□かつちやんは寺島村の白ひげ様の横町にこんど越しましたと昨日通知が来ました。
□岩野清子氏はお家の皆様で修善寺へ行つてゐられます。
□私はそろ/\補助団のパンフレツトに出す材料を見つけにかゝらうと思つてゐます。未だに何の形式にも表はれないことは団員諸氏に対して申わけのないことだと思つてゐます。
□新刊書の紹介を怠つていつもすまないことには思つてゐますがついいゝかげんにしたくないと思ふものですから時間が見出せないでそのまゝになつてしまひます。何卒あしからず思召し下さい。
□交換広告をお断はりすることはこの間も申ましたがもう一度こゝに念のため断はつておきます。
□来月は前にも申ましたとほりに特別号を出したいと思つてゐますからこの十五日迄に原稿を沢山集めたいと思つてゐます。何卒よろしくおねがひいたします。
□それからパンフレツトのもずん/\続けてはするつもりですが何分可なり時間がないのに貧弱な私の力で翻訳でもしやうといふのですからどうぞ少し位ひまの入ることはおゆるし下さい。そのかはり出来る丈けいゝものをさがすつもりで居ります。それに補助団のその出版費となるべき皆様から出して頂いた金もずつと前々から雑誌の維持の方にうめあはせにまはされて殆んど出版の出来る程残つてはゐませんのでその方からして何とかしなければならぬ有様です。併しそんなことはあくまで責任をもつていたすつもりですから何卒御安心下さい。
□大分手伝ひをしてやらうと親切に仰云つて下さる方…

えあ草紙で読む

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2017 Sato Kazuhiko