えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

かいじん二十めんそう
かいじんにじゅうめんそう
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「江戸川乱歩全集 第21巻 ふしぎな人」 光文社文庫、光文社
2005(平成17)年3月20日
初出「たのしい一年生」講談社、1959(昭和34)年11月~1960(昭和35)年3月<br>「たのしい二年生」講談社、1960(昭和35)年4月~1960(昭和35)年12月
入力者sogo
校正者北川松生
公開 / 更新2016-06-09 / 2016-03-04
長さの目安約 26 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
HTMLページで読む

広告

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find Audible YouTube

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

楽天Koboで表紙を検索

広告

本文より



 ある日、しょうねんたんていだんのぽけっと小ぞうは、ひとりで、さびしいのはらをあるいていました。
 ぽけっと小ぞうは、小がっこう四ねんせいですが、ようちえんのせいとみたいにからだが小さくて、ぽけっとにでもはいりそうだというので、こんなあだながついているのです。
 のはらには、はやしがあって、そのむこうに、りっぱなようかんがたっていました。
 大きな三がいだてのいえです。
 ぽけっと小ぞうは、そのようかんが、あまりへんなかっこうをしているので、そばまでいってみました。このへんにはいえがなく、このようかんだけが、ぽつんとたっているのです。
 その、れんがのへいのそとをあるいていると、どこからか、「きゃあ」というさけびごえがきこえてきました。
 びっくりして、あたりをみまわすと、ようかんの三がいのまどが、一つだけあいています。
 十ぐらいの女の子が、そこからからだをのりだすようにして、たすけをもとめていました。ぽけっと小ぞうは、すぐ、ぽけっとから小がたのぼうえんきょうをとりだして、目にあてました。
 この小さいぼうえんきょうは、しょうねんたんていだんの七つどうぐの一つで、いつでももちあるいているのです。ぼうえんきょうの中に、女の子のかおが、大きくうつりました。そのかおが、とてもこわそうに、目をいっぱいにひらいて、たすけをもとめているのです。
 そのとき、ぼうえんきょうの中の女の子のうしろに、大きな、きみのわるいものが、ぼんやりとうつりました。
 あっ、らいおんです。たてがみのある、大きならいおんが、いまにも、女の子にとびつきそうにしているのです。
「きゃあ」
 また、ひめいがきこえました。
 ぽけっと小ぞうは、いきなりかけだしました。そして、ちかくのこうばんをさがして、そのことをしらせたのです。
 おまわりさんは、びっくりして、ふたりづれで、そのようかんにかけつけました。
 げんかんのべるをおすと、中から、白いあごひげのあるおじいさんがでてきました。
「わしは、このいえのしゅじんだが、うちには、そんな女の子はいない。まして、らいおんなど、いるはずがない。その子どもは、ゆめでもみたんだろう。はははは」
とわらいとばすのでした。
 おまわりさんは、しかたがないので、そのままひきあげてしまいました。
 けれど、ぽけっと小ぞうは、どうしてもあきらめることができません。よるになるまで、ようかんのまわりをあちこちあるきながら、もう一ど女の子のかおがみえないかと、まちかまえていました。でも、あのまどは、もうしまっていて、しいんとしています。
 よるになると、ぽけっと小ぞうは、もんの中へしのびこみました。
 ぽけっと小ぞうは、こっそりと、ようかんのよこへまわっていきました。
 すると、一かいの一つのまどに、あかりがついています。のぞいてみると、そこに、さっきの女の子がいるで…

えあ草紙で読む

ライフメディアへ登録

Koboユーザー必見!
楽天スーパーポイントとは別に
価格の5%がポイントに!

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2016 Sato Kazuhiko