えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

鬼哭寺の一夜
きこくじのいちや
著者
文字遣い旧字旧仮名
底本 「漱石全集 第十二卷 初期の文章及詩歌俳句」 岩波書店
1967(昭和42)年3月30日
入力者フクポー
校正者きゅうり
公開 / 更新2017-12-09 / 2017-11-24
長さの目安約 2 ページ(500字/頁で計算)

広告

えあ草紙で読む
HTMLページで読む

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

amazon.co.jp

広告

本文より


 百里に迷ふ旅心、
 古りし伽藍に夜を明かす。
 甍漏る音の雨さびて
 憂きわれのみに世死したり。
 風なく搖らぐ法幢の、
 暗き方へと靡くとき、
 佛も寒く御座すらん。
 黄金と光る[#挿絵]蛛の眼の、
 闇を縫ふべき計、
 銀糸に引く見れば
 冥府の色より物凄し。

 折しもあれや枕邊に、
 物の寄り來る氣合して、
 圓かならざる夢冴えつ、
 夜半の燈に鬼氣青し、
 吾を呼ぶなる心地して、
 石を抱くと思ふ間に、
 佛眼颯と血走れり。
 立つは女か有耶無耶の
 白きを透かす輕羅に
 空しく眉の緑りなる
 佛と見しは女にて、
 女と見しは物の化か
 細き咽喉に呪ひけん
 世を隔てたる聲立てゝ
 われに語るは歌か詩か

『昔し思へば珠となる
 睫の露に君の影
 寫ると見れば碎けたり
 人つれなくて月を戀ひ
 月かなしくて吾願
 果敢なくなりぬ二十年
 ある夜私かに念ずれば
 天に迷へる星落ちて
 闇をつらぬく光り疾く
 古井の底に響あり
 陽炎燃ゆる黒髮の
 長き亂れの化しもせば
 土に蘭麝の香もあらん
 露乾て菫枯れしより
 愛、紫に溶けがたく
 恨、碧りと凝るを見よ
 未了の縁に纏はれば
 生死に渡る誓だに
 塚も動けと泣くを聽け』
  …………………
 塚も動けと泣く聲に
 塚も動きて秋の風
 夜すがら吹いて曉の
 茫々として明にけり
 宵見し夢の迹見れば
 草茫々と明にけり
――明治三十七年頃――



えあ草紙で読む

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2018 Sato Kazuhiko