えあ草紙・青空図書館 - 作品カード

作品カード検索("探偵小説"、"魯山人 雑煮"…)

日記
にっき
副題31 一九四八年(昭和二十三年)
31 せんきゅうひゃくよんじゅうはちねん(しょうわにじゅうさんねん)
著者宮本 百合子
文字遣い新字新仮名
底本 「宮本百合子全集 第二十五巻」 新日本出版社
1981(昭和56)年7月30日
入力者柴田卓治
校正者富田晶子
公開 / 更新2020-01-21 / 2020-01-07
長さの目安約 58 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
▲ PC/スマホ/タブレット対応 ▲

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

amazon.co.jp

本文より

一月二十九日

(木)
 午前七時四十分急行で、宮、京都、河上肇記念。すぐ信州にまわる一週間のヨテイ。
 多賀子帰ることにきまる。

一月三十日

(金)
 豊島与志雄と対談
 酒をのむ人の話しかた、旧い知性の腰のぬけたするどさ、しみじみそれを感じ、一つのタイプを見た。
 アプリオリーにたよりすぎている。

一月三十一日

(土)
 所得税申告十万円にして二万幾千を。昨夜計算したら十一万円以上未払い。
 宇佐美上京。
「道標」四まで終る 6
 ○こんどの宮の旅行は、家じゅうのもののためによかった。彼のためにも気が変ってよかったことを祈る。自分おちついて仕事したしうちのもの気分もまとまった、淋しくなかった。

二月一日

(日)
 咲江[#大森咲江]、体にシッ疹が出来て春から秋までこまる由、尾崎さん、それは先天梅毒のケッカクということで我々は恐慌を生じた。咲江は可哀そうと思う。

二月二日

(月)
 咲江、結核ヨボー会へやる。
 ○体の手入れをしてずっといさせることにする。一時大森さんにあずけるにしても。

二月三日

(火)
 ○久しぶりで永見一家夕飯。
 ○山根印税全部もって来た
 ○仕事いよいよレーニングラードまで来た。94枚
 粉雪やみぞれ降る。

二月四日

(水)立春
 ○江井芳三、病気キトク、紀さんに見マイ 1,000 タノム
 ○仕事八枚半(一〇二枚)
 百舌鳥のような鳥の声もした、きょうは初めてやぶ鶯の声がした、いつもの竹やぶで。

二月六日

(金)
 江井死去
 ムシに殺されたとはおそろしい

二月八日

(日)
 多賀子
 江井の葬式
 宮かえる。

二月九日

(月)
 小説、いい気持になってしまいすぎていることが発見され、大童でこね直しに着手。

二月十二日

(木)
 小説67枚わたす。

二月十四日

(土)
 太平洋問題研究会のレポート、大森さんに手つだって貰って口述はじめる。

二月十五日

(日)
  〃

二月十六日

(月)
  〃
 お茶の水のキカン誌に「歳月」八枚かく。

二月十七日

(火)
  〃

二月十八日

(水)
  〃

二月十九日

(木)
  〃

二月二十日

(金)
  〃

二月二十五日

(水)
 コマゴメ
 午後六―八

二月二十六日

(木)
三月三日の「女の仕事」対談の吹きこみ。
 北海開発とかいう軽薄な男

二月二十八日

(土)
 井草会出席

三月五日

(金)
 太平洋問題研究会のレポート 130 大体出来上ってわたす。冒頭まだあとから十枚ぐらいつく。

三月六日

(土)
 早朝7時40の汽車で宮、太田、岡山をはじめ山陰から山口の旅行に出発。
 午後図書館へ行ったら、間ちがって新聞を出し失敗。

三月七日

(日)
 けさ、なかなか疲れておきられず。やっとひる近く行って、…

えあ草紙で読む


find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2020 Sato Kazuhiko