えあ草紙・青空図書館 - 作品カード

作品カード検索("探偵小説"、"魯山人 雑煮"…)

日記
にっき
副題32 一九四九年(昭和二十四年)
32 せんきゅうひゃくよんじゅうきゅうねん(しょうわにじゅうよねん)
著者宮本 百合子
文字遣い新字新仮名
底本 「宮本百合子全集 第二十五巻」 新日本出版社
1981(昭和56)年7月30日
入力者柴田卓治
校正者富田晶子
公開 / 更新2020-02-13 / 2020-01-24
長さの目安約 2 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
▲ PC/スマホ/タブレット対応 ▲

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

amazon.co.jp

本文より


五月二十二日(日)
 休日
 このごろ日曜は完全休日にする。

五月二十三日(月)
 仕事

五月二十四日(火)
  [#挿絵]

五月二十五日(水)
  [#挿絵]

五月二十六日(木)
 仕事、治療。

五月二十七日(金)
 仕事、大森さん開成山へゆく。

五月二十八日(土)
 仕事。

五月二十九日(日)
 休日
 このごろ、バレーボールがはじまった。宮、古村、咲、熱血キャーキャーワーワー。我を忘れて見物。宇佐美、青い服、遊んで桃色に見える手や足、若葉 古村のしゃれ。なかなかおもしろい。

五月三十日(月)
 仕事。
 ずっとつけていた黒い手帖が見えなくなってしまった。惜しい。しかたがないからまたでて来るまでこれにつける。仕事今月は百枚突破のヨテイ。

五月三十一日(火)
 小説一〇三枚になった。

六月二十八日(火)
 政治局と新日本文学、文化部その他の合同会議、党員芸術家会議うち合わせで、To が宮本百合子の作品の大悪口を云った由。

七月一日(金)
 あんまりむちゃで殆ど基本的人権をふみにじっているから抗議をかいた。(下がき)
 大森寿恵子とまる。

七月二日(土)
 四部コピーをとって、一部 To、文化、新日本文学におくる。

七月三日(日)
 党員芸術家会議、前進座、宮、出席、大村(今日これをよむのかね)(次第によっては、ね)クラ、(百合子さんのをよんだか。話が出たらよまなくてはなるまい)Nish(ヤーきょうは宮本百合子のことは話さんよ)
 どうして To が話すか話さないか知っているのだろう。

七月五日(火)
 宮、治療
 国鉄総裁下山行方不明、いかにも Com が暴力をふるったように扱っている。

七月六日(水)
 To のおかげで仕事を八日も棒にふってしまった。

七月七日(木)
 下山、おかしいところで、ひかれている。この辺に女がある(自分)自殺説をつよく感じる。

七月九日(土)
 治療

七月十一日(月)
 小説88枚(第二章わたす)
 宮自由病院でしらべ、幽門にひきつれ(痕跡)があるだけという。政治局員に、まわしよみをさせている由、おどろき入ったもの。



えあ草紙で読む


find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2020 Sato Kazuhiko