えあ草紙・青空図書館 - 作品カード

作品カード検索("探偵小説"、"魯山人 雑煮"…)

キリスト者の告白
キリストしゃのこくはく
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「定本 北條民雄全集 上巻」 東京創元社
1980(昭和55)年10月20日
入力者Nana ohbe
校正者富田晶子
公開 / 更新2017-03-03 / 2017-01-20
長さの目安約 6 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
▲ PC/スマホ/タブレット対応 ▲
旧Flash版で読む
HTMLページで読む

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

amazon.co.jp

本文より

何とて我は胎より死にて出でざりしや、
何とて胎より出でし時に気息たえざりしや、
如何なれば膝ありてわれをうけしや、
如何なれば乳房ありてわれを養ひしや、
――ヨブ記――

 詩話会は夜の六時から始まることになつてゐた。それはこの病院の患者達によつて組織されてゐる一団で、毎月一回か二回くらゐ各自の詩作品を持ちよつて合評し合つたり、詩壇の動向に就いて論じ合つたりするものだつた。わたしはその会に這入つてゐる訳ではなかつたが、詩や小説を読むのが好きだつたので、見物がてらにでも出て見ないかと誘はれると、ふと行つて見たくなつたのである。
 わたしが行つた時にはもう会は始まつてゐて、ものすごいばかりに顔のふくれた男がかなり感傷的な調子で小曲を朗読してゐるところだつた。部屋の中央に大きな、平べたいやうな感じのする机が置かれてあつて、みんなはそれを取り巻いて腕を組んだり、肘で顎を支へたりして熱心に聴き耽つてゐた。ひどく病勢の進んだ人もゐたし、またどこにも病人らしい所の見えない軽症者もゐた。人数は全体で十五人くらゐなものだらうと、わたしは部屋へ足を入れながら思つた。
「ああ、御苦労さん。」
 部屋の一番奥まつたあたりにゐる年長者らしい男が、いち早くわたしにさう低い声で言つた。
「いや、おそくなつてすみません。」
 と答へながら、その時急に揃つてわたしの方に集まつた視線にちよつと頭を下げて眼を伏せた。顔のふくらんだ男は不意の闖入者にちよつと腹立たしげな眼つきをしたが、朗読してゐた詩稿を机の上に置いて、
「やあ。」
 と言つて微笑した。もつとも、この獅子癩では、微笑してゐるのか、怒つてゐるのか、ちよつと判断もつかないくらゐだが、わたしはすぐ微笑だと悟ることが出来た。
 朗読は再び続けられた。四行四聯から成るもので、彼はそれを二度くり返すと、原稿を置いてみんなの顔を見廻した。
「叩いてくれよ。」
 と彼は言つた。
「叩くぞ、いいか。」
 と一人が言つてみんなを眺めた。人々はどんな批評が出るだらうと期待する風にその男に視線を集中した。彼は深く考へ、頭の中で言葉を整理してゐるやうに見受けられたが、急に笑ひ出しながら、
「ちよいと叩くと毀れてしまひさうなのでねえ。」
 と言つた。みんなは気を抜かれたやうに笑ひ出した。
「賞めてるんだかくさしてるんだか、どつちだ。」
 と、顔に絆創膏を幾つも貼りつけたのが大声で言つた。
「毀れてしまひさうなほどに繊細で美しいつてのだらう。」
 と坊主頭が嗄れた声を出した。
「それとも批評に堪へない駄作つてのか。」
 ともう一人が叫ぶやうに言つた。問題の提出者はにやにや笑ひながら――彼は非常に病気の軽い男だつた――作者を眺めて、
「リリックといふものとセンチメントといふものを君はごつちやに考へてるんぢやないか。僕は小曲といへどもセンチメントは絶対に排すべきだと…

えあ草紙で読む

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2018 Sato Kazuhiko