えあ草紙・青空図書館 - 作品カード

作品カード検索("探偵小説"、"魯山人 雑煮"…)

探偵小説を作って貰い度い人々
たんていしょうせつをつくってもらいたいひとびと
著者国枝 史郎
文字遣い新字新仮名
底本 「国枝史郎探偵小説全集 全一巻」 作品社
2005(平成17)年9月15日
初出「探偵趣味」1926(大正15)年1月
入力者門田裕志
校正者きゅうり
公開 / 更新2019-03-20 / 2019-02-22
長さの目安約 4 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
▲ PC/スマホ/タブレット対応 ▲

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

amazon.co.jp

本文より

 平林初之輔氏が探偵小説を書いた。書いて貰い度いと久しい前から、思っていた所の人である。処女作などとは思われない程、よく纏まったものである。理智的であって人情的、よく調和がとれている。多少文章はゴタツイているが、根が評論家のことであり、創作には不慣れと云って了えば、そういう難は救われる。のみならず頭のよい同氏のことだ、二度目の作に至っては、そんな欠点も無くなるだろう。
 藤井真澄氏を無理にも進め、探偵小説を作らせたいものだ。僕に執っては無二の畏友、共同生活をしたこともある。その頃から僕は同氏には、良いことばかり教えられている。同氏は既に「新魔王」に於て、探偵脚本を書いている。その出来栄えも結構である。新魔王の解釈も氏一流だ。ただ其手法に至っては、少しく初期の探偵物に、こだわっているような所がある。
 藤井主義は即科学主義である。同氏は科学主義に溺れているともいえる。だが決して溺れ過ぎてはいない。
 近代芸術の特色として科学的ということは無視出来ない。わけても探偵小説は、そういう要素を多分に持つ。で、科学主義の藤井氏などが、この方面へ鍬を入れることは似つかわしいもののように思われる。だが同氏は何を書くにも、そこへ一理窟見付けないことには容易に筆を執ろうとはしない。しかし同氏は探偵小説には、以前から興味があった筈である。僕は既に五年程前に、同氏の口から聞いたように思う。五年間考えたらもう可かろう。そろそろ執筆して貰いたい。しかし同氏はどっちかというと、筆不精の方に属している。だから誰か同氏を進め、寧ろ同氏を鞭韃し、謂い得べくんば駆り立てなければ、或は筆を執らないかもしれない。あのダーウィンの進化論と、あのフロイドの精神分析学と、あの日蓮の折伏主義とを、混和させたような同氏の思想が、探偵小説に盛られたなら、新機軸を出すに相違無い。狛江村などに引っ込んで、晴耕雨読していずと、探偵小説を書いて貰い度い。
 ウェルシイニンを賞揚した、前田河広一郎氏が筆を呵して、探偵小説を作ったなら、きっと素晴らしいものが出来るだろうと、僕は常に思っている。米国を舞台でも結構である。日本を舞台なら尚結構、あの力強い筆を以て、是非最近に作って貰いたい。同志とも云う可き平林氏は、既に処女作を発表した。いよいよ今度は前田河氏の番だ。
 森下雨村氏が翻訳ばかりせずと、雑誌編集に没頭せずと、探偵小説の創作方面に、是非筆を執って貰いたい。しかし由来語学堪能で、外国の名作ばかり見ている人は、一種の気遅れを心に感じ、創作の筆が鈍るものである。或いは同氏も其一人かもしれない。しかし小酒井不木氏ありて、翻訳と紹介と創作と、三方面に筆を執り、どの方面でも第一流、殊には有名な「手術」以後、その創作には光彩を増し、凄惨酷烈な解剖の筆は、殆ど類を見無い程である。
 では森下雨村氏と雖も気遅ればかりを標榜し(或いは然…

えあ草紙で読む

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2019 Sato Kazuhiko