えあ草紙・青空図書館 - 作品カード

作品カード検索("探偵小説"、"魯山人 雑煮"…)

『マダム・ボワリーの故郷』
『マダム・ボワリーのこきょう』
著者田山 花袋 / 田山 録弥
文字遣い旧字旧仮名
底本 「定本 花袋全集 第十五巻」 臨川書店
1994(平成6)年6月10日
入力者特定非営利活動法人はるかぜ
校正者きゅうり
公開 / 更新2019-05-08 / 2019-04-26
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
▲ PC/スマホ/タブレット対応 ▲

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

amazon.co.jp

本文より


 マダム・マアテルリンクがこの頃『マダム・ボワリーの故郷』といふ文を書いた。これは、フロオベルが其大作『マダム・ボワリー』の舞臺を訪ねて、其のモデルに使用された實際の人物のことを詳しく探つて書たものだといふ。エムマもボワリーも、レオンも、藥劑師も皆な實在の人間で、誰は何うした、彼は何うした、誰れは死んだ、彼は生きてると言つた風に面白く書いてある。エムマのモデルは數年前に死んで、其墓に行つて見ると、其墓石に、『貞節温良なる細君として、慈愛ある母として、かの女は其一生を送つた。』と書いてあつたさうだ。モデル問題も年月を經た後で見ると、中々趣味があるものだ。



えあ草紙で読む

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2019 Sato Kazuhiko