えあ草紙・青空図書館 - 作品カード

作品カード検索("探偵小説"、"魯山人 雑煮"…)

泡鳴氏の『耽溺』
ほうめいしの『たんでき』
著者田山 花袋 / 田山 録弥
文字遣い旧字旧仮名
底本 「定本 花袋全集 第十五巻」 臨川書店
1994(平成6)年6月10日
入力者特定非営利活動法人はるかぜ
校正者きゅうり
公開 / 更新2019-01-20 / 2018-12-28
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
▲ PC/スマホ/タブレット対応 ▲

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

amazon.co.jp

本文より


 いかなる事象をも――口に言ふに忍びざるほどの悲慘、殘忍、冷酷のことをも、明かに其心に映し得るやうに、作者は常に眞率な無邪氣な心を持つて居なければならぬ。『耽溺』の事象を、泡鳴君があのやうに明かに自己の心に映し得たのは、まことに敬服に値ひする。又泡鳴君は、讀賣の日曜附録で『耽溺』の主人公は古來の英雄豪傑と同じである。それが解らぬやうでは新文藝を談ずる資格がないといふやうな意味を言はれたが、これも面白い言葉であると思ふ。道徳に支配されず、習俗に動かされず、人間としての本性を縱横に發揮することの出來る態度――其處に英雄豪傑の眞面目がある。



えあ草紙で読む

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2019 Sato Kazuhiko