えあ草紙・青空図書館 - 作品カード

作品カード検索("探偵小説"、"魯山人 雑煮"…)

青い玉と銀色のふえ
あおいたまとぎんいろのふえ
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「定本小川未明童話全集 14」 講談社
1977(昭和52)年12月10日
初出「たのしい三年生」1957(昭和32)年1月
入力者特定非営利活動法人はるかぜ
校正者酒井裕二
公開 / 更新2017-12-25 / 2017-11-24
長さの目安約 5 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
▲ PC/スマホ/タブレット対応 ▲
旧Flash版で読む

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

amazon.co.jp

本文より

 北のさびしい海のほとりに、なみ子の家はありました。ある年、まずしい漁師であったおとうさんがふとした病気で死ぬと、つづいておかあさんも、そのあとを追うようにして、なくなってしまいました。かねて、びんぼうな暮らしでしたから、むすめのなみ子にのこされたものは、ただ青い玉と、銀色のふえだけでありました。
 青い玉は、ずうっと昔、先祖のだれかが、この海べのすなの中からほり出して、それが代々家につたわったのだということでありました。
 なにかねがい事があるとき、この青い玉にむかって、真心をこめておねがいすると、その心が神さまに通じてかなえられるというので、おかあさんはこの青い玉を、とてもだいじにしていました。
 玉はつやつやしていて、深い海の色のように青黒く、どこまで深いのか、底が知れぬように、じっと見つめていると、引き入れられるような気がしました。
 そして、真心をこめておいのりをすると、青い玉の表に、海の上をとびさる雲のように、いろいろなことが絵になってうかんできて、ゆくすえのことをおしえてくれるのでした。
 また、あるときは、青い玉がまっかにほのおのようになって見えたり、玉にひびがはいったりして、不安な気持ちをいだかせることもありました。
「これには、ご先祖のたましいがはいっているんです。」といっておかあさんがこの青い玉をだいじにしたのも、ふしぎではありません。
 おとうさんの持っていた銀色のふえは、その音色を聞くと、さびしいあら海にすさぶあらしのように、なんとなくひとりぼっちの感じを起こさせたり、またあるときは、反対に心を引きたてて、のぞみとよろこびをもたせることもありました。
 そして、このふえの音がとどくところ、魚たちがその音をしたってよってくるので、思わぬ大漁がありました。
「まったくふしぎなふえじゃないか。」
「なんにしてもありがたいことだ。」
 漁に出た人々は、なみ子のおとうさんの銀色のふえを手にとって、ふしぎそうにながめるのでした。
 このふえもやはり、おじいさんのころからつたわっていましたので、これにも先祖のたましいがこもっていると、おとうさんは信じていました。
 なみ子は、おとうさんが心をこめて、このふえをふいた日のことをおぼえています。
 その日、海の上には、黒い雲がはびこり、いかにも北の国らしいものすごいけしきでした。
 雲の間からいな光がもれ、かみなりが鳴っていました。
「こんな日には、はたはたがとれそうだ。」と、おとうさんはいいました。
 そして、ひさしぶりに大漁にしてみんなをよろこばせたいと、銀色のふえを持っていきました。
 おとうさんが船の上でふえをふくと、たくさんの魚が、波の上でおどりました。いかやさばも、むれをつくってよってきて、思わぬ大漁になりました。
「季節はずれに、こんなにいろいろな魚がとれたのも、みんなふえのおかげだ。」…

えあ草紙で読む

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2018 Sato Kazuhiko