えあ草紙・青空図書館 - 作品カード

作品カード検索("探偵小説"、"魯山人 雑煮"…)

川へふなをにがす
かわへふなをにがす
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「定本小川未明童話全集 14」 講談社
1977(昭和52)年12月10日
入力者特定非営利活動法人はるかぜ
校正者酒井裕二
公開 / 更新2018-05-30 / 2018-04-26
長さの目安約 3 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
▲ PC/スマホ/タブレット対応 ▲
旧Flash版で読む

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

amazon.co.jp

本文より

 少年は、去年のいまごろ、川からすくいあみで、ふなの子を四、五ひきばかりとってきました。そして、庭においてあった、水盤の中に入れました。ほかにも水盤には、めだかや、金魚がはいっていました。
「けんかを、しないだろうかね。」と、少年は、心配しました。
「入れ物が、大きいから、だいじょうぶだろう。」と、友だちがいいました。
 赤い金魚、黄色なめだか、うすずみ色をした、ふなの子は、思い思いに泳ぎまわっていました。まだ小さいから、こんな中でも広い世界と思うのか、満足するように、べつに魚どうしで、けんかをするようすも見えませんでした。
 その後、雨のふる日もあったし、また、月の照らす晩もありました。そのうち、秋になり、冬となって、だんだん水が冷たくなると、しぜん魚たちは、元気がなくなって、下の方へ沈んでいました。
「兄さん、ずいぶん魚が、すくなくなったね。」と、弟が、庭へ出ると、いいました。
 ともかく、寒い、水の凍る冬をこし、あたたかな春になるまでに、生きのこったのは、わずか五、六ぴきしかありません。その中に、ふなが二ひきいました。
「強いやつばかり、のこったのだな。」
 弟は、水盤をのぞきながら、
「ごらん、兄さん、ふなが、あんなに大きくなった。」と、いって、びっくりしました。
「よく生きてたね、川魚は、じきに死ぬんだがなあ。」と、遊びにきた、友だちも、ふなを見て、いまさらのように、めずらしがりました。
 それより、少年は、ふつう、飼い魚でもない、ふなのうろこが、水のぬるんだため、紫ばんで、なんとなく野性のにおいがする、すがたをたまらなく、美しく感じたのです。
「小さいうちから、この入れ物の中で、そだったので、生きていたんだね。」と、友だちはいいました。
 これは、子どもらにとって、うれしいことだったけれど、また、ふなの身になって考えれば、かわいそうなことでもありました。川を知らないふなは、おそらくここをすみかと信じ、安心しているのだろうけれど、だれがふなに川を知らせなかったのかと、子どもらは思わずにいられませんでした。
 ある日、金魚屋が、家の前を通りました。その声をきくと、少年は、あの目にしみるような、赤いいきいきとした色がちらつき、じっとしておれずに、弟といっしょに外へとび出しました。今年も、金魚を買って水盤へ入れると、新しく仲間入りをした金魚は、さすがに飼い魚だけあって、あわてずゆうゆうと、長い尾をふりながら、花の咲くすいれんのかげを、いったり、きたりしました。ふなはいつものように、かくれていて、すがたを見せませんでした。
 午後から、急に空が暗くなって夕立がきそうになりました。兄弟が、縁側で話をしていると、ぽつりぽつり雨がふりだしました。
「いい雨だね。」
「ああ、これで野菜が生きかえるよ。」
 見ると、水盤の面にも、さざなみが立っていました。このとき、…

えあ草紙で読む

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2018 Sato Kazuhiko