えあ草紙・青空図書館 - 作品カード

作品カード検索("探偵小説"、"魯山人 雑煮"…)

つづれさせ
つづれさせ
著者小川 未明
文字遣い新字新仮名
底本 「定本小川未明童話全集 13」 講談社
1977(昭和52)年11月10日
入力者特定非営利活動法人はるかぜ
校正者酒井裕二
公開 / 更新2019-12-11 / 2019-11-24
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
▲ PC/スマホ/タブレット対応 ▲

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

amazon.co.jp

本文より


 お祖母さんは、あかりの下に針箱をおき、お仕事をなさっていました。そのうち、押し入れから行李を出し、なにか、おさがしになりました。
「おばあさん、なにをなさるの?」と、武ちゃんはいいました。
「つづれさせが鳴くから、うかうかしていられません。」と、おっしゃいました。
「つづれさせって?」
「ほら、リーリーと、鳴くでしょう。」
「こおろぎのこと、どうして、つづれさせっていうの?」と、武ちゃんが、聞きました。
「あの鳴きごえを、昔の人は、じき寒くなるから、冬の仕度をせよ、と聞いたので、こおろぎを、つづれさせというのです。」と、お祖母さんは、お答えになりました。
「昔って、遠い前のことなの?」
「そう、おばあさんの、そのまたおばあさんのころから、夜が長くなると、みんな、よなべをしたものです。」
 武ちゃんは、だまって、リーリーと鳴く、こおろぎの声を、聞いていました。
 いい月夜で、窓のかきの葉が、黒くうつりました。



えあ草紙で読む


find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2020 Sato Kazuhiko