えあ草紙・青空図書館 - 作品カード

作品カード検索("探偵小説"、"魯山人 雑煮"…)

山へ帰ったやまがら
やまへかえったやまがら
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「定本小川未明童話全集 13」 講談社
1977(昭和52)年11月10日
初出「愛育 7巻1号」1941(昭和16)年1月
入力者特定非営利活動法人はるかぜ
校正者酒井裕二
公開 / 更新2018-09-21 / 2018-08-28
長さの目安約 5 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
▲ PC/スマホ/タブレット対応 ▲
旧Flash版で読む
HTMLページで読む

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

amazon.co.jp

本文より

 英ちゃんの飼っているやまがらは、それは、よく馴れて、かごから出ると指先にとまったり、頭の上にとまったり、また、耳にとまったりするので、みんなからかわいがられていました。
 はじめのうちは、外へ飛び出すと、もうかごへはもどってこないものと思って、障子を閉めて、へやの中で遊ばしたものです。しかし、長いうちにいつしかここが、自分のすみかと思ってしまったので、すこしばかり遊ぶと、またかごの中へ入ってしまいました。そして、ここがいちばん安心だというふうに、頭をかしげて、いままでさわいで疲れたからだを、じっとして休めるのでありました。
「こんないい鳥はめったにないよ。」と、英ちゃんは、平常から自慢していました。
「どの鳥だって馴れれば同じさ。しかし子飼いでないと、なかなかこんなにならないそうだね。」と、兄さんがいいました。
 お正月のある日のことでした。空にはたこのうなり音がしていました。英ちゃんは、やまがらに餌をやってから、わざとかごの口を閉めずにおきましたけれど、やまがらは、外へ出ようとしません。そのとき兄さんは口笛を吹いて、指を出して見せました。するとやまがらは、ついと飛んできて指に止まりました。
「障子をしめておかなくていい?」と、英ちゃんが、ききました。
「だいじょうぶだろう。外が、怖いんだから。」と、兄さんが答えました。
「空を見ているんだね。」
「さあ、もうかごへおはいり。」と、兄さんは、やまがらに向かって、指を動かして見せました。
 ちょうど、裏庭の桜の木にすずめが止まって鳴いていました。やまがらは、その声にでも誘われたのか、ふいに窓から、家の外へ飛び出してしまいました。
「あっ、逃げた……。」と、英ちゃんは、あわてました。
「いま、もどるよ。」と、兄さんは、しきりに口笛を鳴らしながら、やまがらの行方を見守ると、どうして、そんなに羽がよくきくのかと思われるほど、一気に飛んで、やまがらは、隣の屋根を越してしまいました。
「英ちゃん、はやくいってごらんよ。あっちの林の方へいったようだ。」
 兄さんは、自分もかごを持って、後から追いかけていきました。
 ある大きな屋敷のまわりは、雑木の林になっていました。ここには、すずめがたくさん枝に止まって、ふくらんでいます。そのお仲間入りでもしたように、やまがらが枝から枝をおもしろそうに伝っていました。
「あっ、あそこにいた。」
 英ちゃんは細かな枝をとおして上を仰ぎました。
「英ちゃん、いた?」
 兄さんは、かごを木の下に置いて、口笛を吹きました。けれど、やまがらは、きこえないふうをしています。英ちゃんは、はるか上のやまがらの方に向かって、できるだけ高く手を上げて、小さな指を出して見せました。しかし、やまがらは、もうそんなものには見向きもしませんでした。ただ、いままで知らなかった大きな自然の中で、なにを見ても珍しいので…

えあ草紙で読む

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2018 Sato Kazuhiko