えあ草紙・青空図書館 - 作品カード

作品カード検索("探偵小説"、"魯山人 雑煮"…)

楽天Kobo表紙検索

何が新しいんだい
なにがあたらしいんだい
作品ID52168
著者大杉 栄
文字遣い新字新仮名
底本 「大杉栄全集 第14巻」 日本図書センター
1995(平成7)年1月25日
初出「近代思想 一巻八号」1913(大正2)年5月
入力者笹平健一
校正者持田和踏
公開 / 更新2022-01-17 / 2021-12-27
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)

広告

えあ草紙で読む
▲ PC/スマホ/タブレット対応の無料縦書きリーダーです ▲

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

広告




本文より


 四月号の『新公論』に、「男性に対する要求」と題した、岩野清子女史の文章がある。実にあきれ返った名論だ。
「日本の男性は女性に対してあまり粗暴である。謹みをかいている。女性の前で猥※[#「褒」の「保」に代えて「執」、U+465D、61-12]な話を好んでする傾きがある。……英国あたりの紳士と言われる人々は、婦人の居る席では胸より下のことは決して口にしないそうである……女性をして憤慨させあるいは醜恥心をおこさせる言語動作を謹んでもらいたい。日本服にあぐらをかいて脛や太股を出すような不謹慎なことのない様にしたい。女性に対する時、酔っていてもらいたくない。狎れ狎れしい態度や言語もつつしんでもらいたいと思う。
 妻を呼ぶのに、オイコラなどと言う人がある。あれを持って来い、これをしまって置けなどとほとんど下女書生に対して言うのと同等な言葉使いをする夫がある。」
 英国の偽善紳士をありがたがったり、妻を下女や書生と違うものと思っているところなどが、実に滑稽極まる。



えあ草紙で読む
find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2022 Sato Kazuhiko