えあ草紙・青空図書館 - 作品カード

作品カード検索("探偵小説"、"魯山人 雑煮"…)

楽天Kobo表紙検索

日月ボール
じつげつボール
作品ID52638
著者小川 未明
文字遣い新字新仮名
底本 「定本小川未明童話全集 7」 講談社
1977(昭和52)年5月10日
初出「国民新聞」1930(昭和5)年5月4日
入力者特定非営利活動法人はるかぜ
校正者館野浩美
公開 / 更新2021-01-08 / 2020-12-27
長さの目安約 6 ページ(500字/頁で計算)

広告

えあ草紙で読む
▲ PC/スマホ/タブレット対応 ▲

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

広告



本文より

 孝ちゃんの、近所に住んでいる自動車屋の主人は、変わった人でした。ぼろ自動車を一台しか持っていません。それを自分が、毎日運転して、町の中を走っているのでした。
 この自動車も、もとは、りっぱなものでした。主人の清さんが、若い時分、金持ちの運転手を長くつとめていて、やめるときに、金持ちが、その自動車をくれたのでした。それから、何年たったでしょう。
 欲のない清さんは、金をためるということをしませんでした。自動車は、だんだん古くなり、破れてきたけれど、新しいのを買うお金はなかったのでした。
 この清さんには、いろいろなおかしい話があります。ある日のこと、ひまで困っていました。そこへ美しいモダンガールがやってきました。
「汚い、自動車なのね。いいわ、すぐにやってちょうだい。」と、女はいいました。
「お嬢さん、走るのに、かわりはありません。」と、清さんはにくたれ口をききました。
 自動車が走っている間に、美しいお嬢さんは、真っ赤な手さげをあけて、香水のびんを出しました。
 その香水の匂いが、たいへんに、いい香いだったとみえて清さんは、運転しながら、夢を見るような気持ちになって、どこを走っているのだか、ぼんやりしました。そのうちに、くぎででもさしたか、ひどい音がして、タイヤがパンクしました。清さんは、おどろいて車から降りて、まごまごして、やっと直して動き出そうとして見ると、いつのまにか、女は消えて見えなかったのです。
「まるで、きつねにつままれたようだった。」と、思い出すたびに、清さんは笑いました。
 そうかと思うと、あるときはみすぼらしいふうをした、おじいさんが、はいってきて、
「すこし、遠方だが、これだけの金でいってくださらんか。孫が、急病だと知らしてきたのだが……。」と、頼みました。
「まいりましょう。」と、気持ちよくいって、清さんは、おじいさんを乗せていってやりました。
 清さんは、働いたお金で、みんなお酒を飲みました。酔っているときには、だれにでも、おもしろい話をしました。しかし、それが、みんなほんとうであると、思えないようなのもありました。子供が好きでしたから、近所の子供たちがよく遊びにやってきました。
「小父さん、僕を自動車に乗せておくれよ。」
 子供たちは、わがままをいいました。
「こんど、みんないっしょに乗せて山へでも連れていってやろう。」
「いつ連れていってくれる?」
「それはわからん、秋がいいかな。」
 こんなことをいって、子供たちを喜ばせたりしました。
 そのころ、学校の子供たちの間に、日月ボールがはやりました。こんな遊びは、たとえば独楽にせよ、ピストルにせよ、はやったかと思うと、すたれ、すたれたかと思うと、はやり出すというふうでありました。
 ある日、孝ちゃんは、学校から帰ると、日月ボールを持って外へ出ました。そして、自動車屋の前へきました。…

えあ草紙で読む
find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2021 Sato Kazuhiko