えあ草紙・青空図書館 - 作品カード

作品カード検索("探偵小説"、"魯山人 雑煮"…)

楽天Kobo表紙検索

サーカスの少年
サーカスのしょうねん
作品ID52673
著者小川 未明
文字遣い新字新仮名
底本 「定本小川未明童話全集 6」 講談社
1977(昭和52)年4月10日
初出「国民新聞 日曜付録」1929(昭和4)年7月14日
入力者特定非営利活動法人はるかぜ
校正者へくしん
公開 / 更新2022-03-21 / 2022-02-25
長さの目安約 7 ページ(500字/頁で計算)

広告

えあ草紙で読む
▲ PC/スマホ/タブレット対応の無料縦書きリーダーです ▲

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

広告




本文より

 輝かしい夏の日のことでありました。少年が、外で遊んでいますと、花で飾られた、柩をのせた自動車が、往来を走ってゆきました。そして、道の上へ、一枝の白い花を落として去ったのです。
 これを見つけた子供たちは、方々から、走り寄りましたが、いちばんはやかった少年が、その花を拾ったのでした。なんという花か、わからなかったけれど、それは、香いの高いみごとな花でありました。
 拾われなかった子供たちは、うらやましそうに、その花を見て、残念がりました。
「お葬いの花なんか拾って、縁起がわるいな。」と、一人がいうと、
「いくら、きれいな花でも、拾うもんでないね。」と、他の一人が、あいづちをうちました。
「なんだ、自分たちだって、拾おうと思って、駆けてきたんじゃないか。なにが、花を拾ったって、縁起が悪いもんか……。」と、少年は、大事そうに、その花を持ってゆきました。
 しかし、そういわれると、なんだか、いい気持ちがしませんでした。だいいち、仏さまになった人にあげた花を拾っていいものか、考えれば、悪いような気もしたからです。
 おじいさんが、柳の木の下で、アイスクリームの屋台を出して、つくねんと、こちらを見て笑っていました。少年は、おじいさんに、このことを聞いてみようと思いました。
「ねえ、おじいさん、お葬式の自動車から落ちた花を拾っても、悪いことはないね?」と、問いました。
 おじいさんは、ちょうど、お客もなく、先刻からようすを見ていましたので、なにもかも知っています。
「ああ、悪いことも、なんともないよ。どうせ、だれか拾わなければ、人に踏まれたり、車にひかれて、めちゃめちゃになってしまうのだもの。それを拾って、びんにさしてやれば、まだ、花は見られるのだから、仏さまだって、お喜びなされるよ。」と、答えました。
 それを聞くと、少年は、急に、うれしくなりました。
「仏さまになられた人は、どんな人だろうね。」
「そうだな。美しい、やさしい娘さんであったかもしれないな。」
 おじいさんは、そういって、街の遠くの空を見やりました。あちらには、金色の雲が、どこかの高いビルディングの屋根に、ひっかかっているように、じっとしていました。
 少年は、家へ帰って、小さなガラスのびんに水をいれて、花をさして、窓の際にのせておきました。貧乏な、小さな家でありましたから、この花だけが、光って見えたのであります。そして、花からは、いい香いが、家じゅういっぱいにただよいました。
 少年のすみかは、町裏の狭い路地でありましたから、平常は、はちや、ちょうなどはめったに飛んできたことがありません。それだのに、この花があるばかりに、どこからか、一ぴきのはちが飛んできて、それにとまりました。少年は、だまって、はちがみつを吸うのを見ていました。そのうちに、もう甘いみつが、たくさんになかったとみえて、はちは、さも名残…

えあ草紙で読む
find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2022 Sato Kazuhiko