えあ草紙・青空図書館 - 作品カード

作品カード検索("探偵小説"、"魯山人 雑煮"…)

楽天Kobo表紙検索

すみれとうぐいすの話
すみれとうぐいすのはなし
作品ID52975
著者小川 未明
文字遣い新字新仮名
底本 「定本小川未明童話全集 4」 講談社
1977(昭和52)年2月10日
入力者特定非営利活動法人はるかぜ
校正者へくしん
公開 / 更新2021-04-24 / 2021-03-27
長さの目安約 8 ページ(500字/頁で計算)

広告

えあ草紙で読む
▲ PC/スマホ/タブレット対応 ▲

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

広告




本文より

 小さなすみれは、山の蔭につつましやかに咲いていました。そして、いい香りを放っていました。
 すみれは、そこでも、安心をしていることは、できなかったのです。なぜなら、そのすみれをたずねてくるものは、ひとり、美しいちょうや、かわいらしいみつばちばかりではなかったからです。
「ここにも、すみれが咲いていた。とって香りをかいでごらんなさい。いい香りがするから。」と、山に遊びにきた、子供たちはいったのです。
 すみれは、自分ほど、不幸なものは、この世の中に、ないと思いました。小さな体で、しかも、ものの蔭に、つつましく咲いているのを、それすら安心ができなかったからです。
「ああ、わたしほど、不しあわせなものはない。」と、すみれは、ため息をしました。
 そのとき、そばから、名もない草がいいました。
「すみれさん、あなたは、あんまり美しく生まれてこられたからです。そして、いい香りをもっていなさるからです。私のように、粗末に生まれてきたものは、ちょうや、はちなどというきれいなものに、振り向かれないかわり、まあ、無事といえばいえるのです。どちらがいいかわかったものでありません。そう、歎くにはおよびませんよ。」と、皮肉のようになぐさめるように、いったのでした。
 これを聞くと、すみれは、寒い風に、小さな頭を振りながら、
「いいえ、わたしは、自分の不安な生活のことを考えると、もう、ちょうにも、みつばちにもきてもらわなくてもいいのです。どうか、あなたのように、安心した生活を送りたいものです。」と答えました。
 しかし、名もない草は、もうあきらめているというふうで、
「そういったって、しかたのないことです。」といったきり、黙ってしまいました。
 このとき、どこからか、一羽のうぐいすが飛んできて、そばの木の枝に止まりました。そして、いい声でさえずりました。
 この声をきくと、すみれは、なんといういい声だろうと感心しました。
「なぜ、わたしは、鳥になって生まれてこなかったろう。そして、ああしたいい声で鳴くことができたら、どんなにうれしいであろう。」と思いました。
 うぐいすは、しばらく枝に止まっていました。そのうち地面に降りてきました。うぐいすは、小さなすみれの花を見つけました。
「かわいらしい花だこと。」といって、すみれのすぐそばにやってきました。
「すみれさん、あなたは、しあわせものですね。」と、うぐいすはいいました。
 これを聞くと、すみれは、うぐいすが自分をからかうのだと思いました。そして、うぐいすをいい声だと感心したことなどは忘れてしまって、すみれは、腹をたてずにはいられませんでした。
「わたしほど、不しあわせなものが、世の中にありましょうか。」と、すみれは、かなしい、細い声でいいました。
 すると、うぐいすは、頭をかしげながら、じっとすみれを見つめていました。
「すみれさん、…

えあ草紙で読む
find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2021 Sato Kazuhiko