えあ草紙・青空図書館 - 作品カード

作品カード検索("探偵小説"、"魯山人 雑煮"…)

春近き日
はるちかきひ
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「定本小川未明童話全集 4」 講談社
1977(昭和52)年2月10日
初出「子供之友」1926(大正15)年3月
入力者特定非営利活動法人はるかぜ
校正者栗田美恵子
公開 / 更新2019-03-30 / 2019-02-22
長さの目安約 2 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
▲ PC/スマホ/タブレット対応 ▲

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

amazon.co.jp

本文より


 お母さんが、去年の暮れに、町から買ってきてくださったお人形は、さびしい冬の間、少女といっしょに、仲よく遊びました。
 それを、どうしたことか、このごろになって、お人形は、しくしくと泣いて、お嬢さんに願ったのであります。
「どうか、私をお母さんのところへ帰してください。」と申しました。
 少女は、どうしていいかわかりませんでした。お人形のお母さんがどこにいるかということもわからなければ、せっかく仲よく遊んだお人形に別れることも悲しかったからです。
「私は、お母さんに聞いてみます……。」と、少女は答えました。
 すると、かわいらしいお人形は、目をまるくして、
「どうか、お嬢さま、そのことはだれにも話さないでくださいまし。」と、頼みました。
「おまえのお母さんは、どこにいらっしゃるの? それがわかれば、帰してあげてもいいわ。」と、少女は申しました。
 お人形は、たいそう喜びました。
「毎朝、この窓のところへ、べにすずめがきます。あれに言づけしてもらえば、お母さんは、だれかきっと私を迎えによこしてくれます。どうかお嬢さま、私を明日の晩方、野原のところまでつれていってくださいまし。」と、真っ黒な目で見上げてねがいました。
 その晩は、いい月夜でした。もうじきに春のくることを思わせました。
 翌朝、べにすずめが窓にきて鳴きました。
 晩方、少女は、お人形を抱いて村はずれへきました。まだ、遠くの山々には、雪が光っていました。このとき、どこからともなく美しい馬車が前へきて止まりました。お人形は、その馬車に乗って、お嬢さまにお別れを申しました。やがて、黒い馬は、美しい馬車を引いて、あちらへ駆けていってしまったのです。



えあ草紙で読む

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2019 Sato Kazuhiko