えあ草紙・青空図書館 - 作品カード

作品カード検索("探偵小説"、"魯山人 雑煮"…)

蟻説
ぎせつ
著者
文字遣い旧字旧仮名
底本 「高木貞治 近代日本数学の父」 岩波新書、岩波書店
2010(平成22)年12月17日
入力者田中哲郎
校正者フクポー
公開 / 更新2019-02-28 / 2019-01-29
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
▲ PC/スマホ/タブレット対応 ▲

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

amazon.co.jp

本文より


一色學校高等二年前期生
高木貞治
十歳四ヶ月
蟻ハ一小蟲ニシテ其種類甚多ク同類數千群ヲナシ毎群蟻王アリテ之ヲ統フ其粮ヲ運フヤ荷身ニ十倍スト雖衆蟻蝟集シ[#挿絵]々爭ハス孜孜怠ラス遂ニ之ヲ其巣ニ運フ夏日炎々ノ時タリト雖終日怠ラス勉勵シテ粮ヲ求ムルニ從事ス已ニシテ冬天ニ至レハ巣穴ニ蟄居シ嚮ニ積ム※[#「一/((畄−田)+丿+(敢のへん−耳)」、U+2B742、23-上-9]ノ粮ヲ食ヒ數月ヲ經レトモ菜色ナシ嗚呼蟻ノ如キ者ハ虫類中ニアリト雖蜂蝶ノ飢ニ叫ヒ※[#「さんずい+東」、U+6DB7、23-上-11]ヲ歎キ其羽翼ヲ毀損シ死スルニ至リテ遂ニ悟ラサル者ト日ヲ同クシテ語ルヘカラス夫人怠惰放逸ニシテ後日困難ニ歎ク者往々之レ有リ其レヲシテ蟻ノ行為ヲ目セシムレバ豈愧スベキノ甚シキニアラスヤ



えあ草紙で読む

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2019 Sato Kazuhiko