えあ草紙・青空図書館 - 作品カード

作品カード検索("探偵小説"、"魯山人 雑煮"…)

愚かなるものよ
おろかなるものよ
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「日本プロレタリア文学集・38 プロレタリア詩集(一)」 新日本出版社
1987(昭和62)年5月25日
初出「近代思想 創刊号」1912(大正元)年10月
入力者坂本真一
校正者フクポー
公開 / 更新2018-08-10 / 2018-07-27
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
▲ PC/スマホ/タブレット対応 ▲
旧Flash版で読む
HTMLページで読む

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

amazon.co.jp

本文より


愚かなる。
太陽を捕え、朝の日光を、
縄をもって縛しめむとする。

風に乗り、あるはまた、
走る流れに逆らわむとする。
四季を阻みて、降る雨を止めむとする。

空気と戦う心無さよ。
ありとある力を、畢に無にせむ。
かかるに同じく、かかる業より更に愚かなる。

人の言う所を咎め、そを強いて教に適わさんとする。
定めを人の上に立て、
物言うも、そを超えしめぬ。

さなり、人の口を壅がむこと、
吹く風を捕うるよりも難きものを。
愚かなるものよ。
(『近代思想』一九一二年十月創刊号に飄風名で発表)



えあ草紙で読む

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2018 Sato Kazuhiko