えあ草紙・青空図書館 - 作品カード

作品カード検索("探偵小説"、"魯山人 雑煮"…)

冬の逗子
ふゆのずし
著者
文字遣い旧字旧仮名
底本 「日光浴室 櫻間中庸遺稿集」 ボン書店
1936(昭和11)年7月28日
入力者Y.S.
校正者富田倫生
公開 / 更新2011-12-22 / 2014-09-16
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
▲ PC/スマホ/タブレット対応 ▲
旧Flash版で読む

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

amazon.co.jp

本文より


わびしさのつもれば獨り訪ね來て悲しき海の冬を聞くなり

水面擦り飛ぶおほ鳥の眞白なる翼に疲れ見えて哀しも

うら枯れし濱晝顏のながながと此處別莊の裏につゞけり

半島の岩に碎くる波見えて浪子不動に日は暮れなずむ

不動堂の折鶴の色あせゆきて冬に入るなりこゝ逗子の濱

手向けたる菊も懷かし不動堂やさしき主の住まひ給へば

折鶴の吊られたるまゝ色あせし不動の冬の夕べは哀し

マリやマリ汝知るやこの不動尊汝の瞳清らかなるよ

不如歸蘆花と刻みし石碑なほ倒れたるまゝ冬に入りたり

あまた窓皆カーテンを降したり海濱ホテルに人氣は見えず

濱の夕を馬走らする乙女あり赤き乘馬着のたのもしきかな

なぎさ打つ波のかけらのほの見えて葉山のはまに日は暮れるらし

馳けりゆく馬車馬の背にあかあかと落日にじめり葉山街道



えあ草紙で読む

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2018 Sato Kazuhiko