えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

DILEMMA.
DILEMMA.
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「日本プロレタリア文学集・38 プロレタリア詩集(一)」 新日本出版社
1987(昭和62)年5月25日
初出「近代思想 第一卷第六號」1913(大正2)年3月1日
入力者坂本真一
校正者フクポー
公開 / 更新2018-07-01 / 2018-06-27
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)

広告

えあ草紙で読む
HTMLページで読む

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

amazon.co.jp

広告

本文より


いらだたしき一夜、
群集と巡査とは睨みあい、
街燈の瓦斯の灯も常より青し。

窓硝子のやぶるる音に、
喜びて叫ぶ声、恐ろしき鬨の声、
馳せちがう民衆と警官の剣鞘のおと。

哀れにも暴君のくるしむ姿、
われもまた群集ともろ共に手を打って
幾度か「バンザイ」を叫ばんとせしが、されど……

かの家にはわが椅子あり、
わがペンもあり、
かかる時なお忘れえざるわがパンの家。

雨のごとく石はふり、
群集は狂おしく鳴りわめく、
いらだたしき銀座の一夜。
(『近代思想』一九一三年三月号に発表)



えあ草紙で読む

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2018 Sato Kazuhiko