えあ草紙・青空図書館 - 作品カード

作品カード検索("探偵小説"、"魯山人 雑煮"…)

死の凱旋兵
しのがいせんへい
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「日本プロレタリア文学集・39 プロレタリア詩集(二)」 新日本出版社
1987(昭和62)年6月30日
入力者坂本真一
校正者フクポー
公開 / 更新2018-06-08 / 2018-05-31
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
▲ PC/スマホ/タブレット対応 ▲
旧Flash版で読む

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

amazon.co.jp

本文より


砲煙弾雨の中に
    常に描いて居た
懐かしい故郷の
    停車場だった

白布に包まれた
    木箱の中で
無言の英雄は
    故郷に抱かれた
      喜こびに
打ちふるえて
    居るだろう

軽々と けれど
    つつましく
木箱を捧げた
    戦友は
微かな砲煙の臭を
    感じながら
高まって来る
    感情を
こらえて居た

弔旗がしずかに
    垂れて
水を打った様な
    出迎えの中を
今 悲しい死の
    凱旋兵は
      行く
一九三七年、善弘が従兄にあてた手紙より
(一九七九年二月槇村浩の会刊『土佐プロレタリア詩集』を底本)



えあ草紙で読む

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2018 Sato Kazuhiko