えあ草紙・青空図書館 - 作品カード

作品カード検索("探偵小説"、"魯山人 雑煮"…)

千住大橋
せんじゅおおはし
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「日本プロレタリア文学集・39 プロレタリア詩集(二)」 新日本出版社
1987(昭和62)年6月30日
初出「詩・行動」1935(昭和10)年5月号
入力者坂本真一
校正者フクポー
公開 / 更新2018-05-01 / 2018-04-26
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
▲ PC/スマホ/タブレット対応 ▲
旧Flash版で読む
HTMLページで読む

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

amazon.co.jp

本文より


川蒸気の発着所、旗はだらりと垂れ
大川は褐色の満水をたたえ
家々は庇をおろし、重り合う家並の彼方
瓦斯タンクは煤煙の雨空に溶ける
大川に架る錆びた鉄橋、常磐線、
貨車が長い車体を引ずってゆく
動かない煙、つながれて朽るボロ船、泛ぶ空俵
橋梁の陰に点々と黒く固まった人糞
それらの上を雨がたたいている。
江北の関門千住大橋、黒い鉄骨は川幅を跨ぎ
自転車、荷車、トラック、労働者、失業者、失業者
空気はぐしょぐしょに煤煙によごれ
人々は腹の中まで灰色にぬれ
眉毛から雨が滴り、眼はもの憂く渇き
江北の雨は胃袋にまで浸み徹る
自転車――失業者、失業者、絶え間なき流れ
声のない喧騒にあわただしく歩き
騒々しい静寂のなかに佇み、息をのみ
大橋を渡ってゆき、大橋を渡って帰ってくる。
(『詩・行動』一九三五年五月号に発表)



えあ草紙で読む

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2018 Sato Kazuhiko