えあ草紙・青空図書館 - 作品カード

作品カード検索("探偵小説"、"魯山人 雑煮"…)

冬のしぶき
ふゆのしぶき
副題――母親から獄中の息子に――
――ははおやからごくちゅうのむすこに――
著者
文字遣い新字新仮名
底本 「日本プロレタリア文学集・39 プロレタリア詩集(二)」 新日本出版社
1987(昭和62)年6月30日
初出「プロレタリア文學 第一卷第一號」日本プロレタリア作家同盟、1932(昭和7)年1月
入力者坂本真一
校正者フクポー
公開 / 更新2018-08-14 / 2018-09-30
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
▲ PC/スマホ/タブレット対応 ▲
旧Flash版で読む
HTMLページで読む

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

amazon.co.jp

本文より


お前が工場の帰りに買ってきてくれた
この櫛は
もう あっちこっち 歯がこぼれた
梳いたヌケ毛の一本一本は
お前がオッカサンとよばってくれる
その日がまためぐってくる年月のながさを
ヒトツキ フタツキ と
かぞえさせる

お前からの夏のタヨリを
帯にはさんでいる――
六十二にもなったわたしのふしぶしは
ズキン ズキン ズキン
凍れにたたかれて
ヒビがひろがってゆく

お前がアバシリの
刑務所におくられてから二年と四ヵ月
くる年々の冬のはじまりから
ほほッぺたのまるっこいお前の写真を
霜焼けに疼く指先にささえて
炉ばたの隅で
あッためてやってるたんびに
わたしの
薄くなったマツ毛は濡れて
ああ どんなにか
本当のお前に会いたいことか

正直なわたしのセガレ
ウソやゴマカシでは
ゴハンをたべれなかったお前
豆腐汁の好きだったお前の
お椀の上でのほほえみが
今もわたしに
――ふるえる ふるえる
コブシをにぎらせる
(『プロレタリア詩』一九三二年一月創刊号に発表)



えあ草紙で読む

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2018 Sato Kazuhiko