えあ草紙・青空図書館 - 作品カード

作品カード検索("探偵小説"、"魯山人 雑煮"…)

かつてわが悲しみは
かつてわがかなしみは
著者三好 達治
文字遣い旧字旧仮名
底本 「三好達治全集第一卷」 筑摩書房
1964(昭和39)年10月15日
初出「朝日新聞」1940(昭和15)年5月6日
入力者kompass
校正者杉浦鳥見
公開 / 更新2020-03-24 / 2020-02-21
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
▲ PC/スマホ/タブレット対応 ▲

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

amazon.co.jp

本文より


かつてわが悲しみは かの丘のほとりにいこへり
かつてわが悲しみは かの丘のほとりにいこへり

五月またみどりはふかく 見よ
かなたに白き鳥のとぶあり

おのが身ははやく老いしか
この日また何にいそぐや

あてどなき旅のひと日の
夕ぐれの汽車のまどべに

かの丘はしづかに來り
かの丘は來りぬかづく

見よかしこに なつかしきかの細路は 木の間をいゆきめぐりたり
見よかしこに なつかしきかの細路は 木の間をいゆきめぐりたり

されど今はなし 今はなし 今はなし
かの遠き日の かずかずのわがもの思ひ

あはれ 今はなし
今はなし げに

あはれげに わが思出はかの丘の木かげに眠れり
あはれげに わが思出はかの丘の木かげに眠れり



えあ草紙で読む


find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2020 Sato Kazuhiko