えあ草紙・青空図書館 - 作品カード

作品カード検索("探偵小説"、"魯山人 雑煮"…)

電灯と浦島
でんとうとうらしま
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「槇村浩全集」 平凡堂書店
1984(昭和59)年1月20日
入力者坂本真一
校正者雪森
公開 / 更新2014-10-13 / 2014-09-15
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
▲ PC/スマホ/タブレット対応 ▲
旧Flash版で読む

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

amazon.co.jp

本文より


昔は電気がなかったから
昔の昔大昔生れて死んだ浦島に
電気を見せてやったなら
大へんびっくりするだろと
電気を見せたら「オーヤオヤ」
「此の電気はエライ暗いなあ」
  ハテナハテナ
昔の昔大昔生れて死んだ浦島が
電気を知ったわけがない
  ハテナ ハテナとよーくよく
考へたが分らない
仕方がないから浦島に
わけを聞いたら浦島は
「わしは今から何億年の
 昔に龍宮へ行った時
 百億色の電灯を
 いくつもいくつも見たから
 こんなボロボロ電灯は
 わしは何とも思はない
きいてビックリオーヤ/\
きいてビックリオーヤ/\



えあ草紙で読む

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2018 Sato Kazuhiko