えあ草紙・青空図書館 - 作品カード

作品カード検索("探偵小説"、"魯山人 雑煮"…)

かめ
かめ
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「沖縄文学全集 第1巻 詩Ⅰ」 国書刊行会
1991(平成3)年6月6日
初出「沖縄毎日新聞」1912(明治45)年1月23日
入力者坂本真一
校正者きゅうり
公開 / 更新2018-11-23 / 2018-10-24
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
▲ PC/スマホ/タブレット対応 ▲
旧Flash版で読む

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

amazon.co.jp

本文より


まがどりのやうな冠船が翼をひろげて
那覇港内にしやんで居るうちは
薩摩の殿にはあへまいわなあ。

凛々しい殿のかみしも姿が眼の前に
まざまざと浮んでくるやうな。―
殿はいま露つぽい美里間切を深編笠のしのびあるき。

あゝなさけない世となつた。
ついあけがたまでなつかしい殿御と
添寝の夢の名残は室の隅にも残れど。

うらめしい開門鐘に空が白むと
むつくり起きあかりて仰せらるゝ
「さらばかめイしばらくは待つてくれ[#「待つてくれ」は底本では「待ってくれ」]。」
「妾もついてゆきます」と申すと
「これが邪魔する」とはつたと叩れた腰の朱鞘。
そうしててしやで染のわか小指をにぎられたが。

はてなさけない世となつた。
膏脂 香 息のつまりさうな唐人と
どうして添寝ができませうか。



えあ草紙で読む

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2018 Sato Kazuhiko