えあ草紙・青空図書館 - 作品カード

作品カード検索("探偵小説"、"魯山人 雑煮"…)

はめつ
はめつ
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「沖縄文学全集 第1巻 詩Ⅰ」 国書刊行会
1991(平成3)年6月6日
初出「沖縄毎日新聞」1909(明治42)年6月15日
入力者坂本真一
校正者フクポー
公開 / 更新2018-11-29 / 2018-10-24
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
▲ PC/スマホ/タブレット対応 ▲
旧Flash版で読む

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

amazon.co.jp

本文より


銅色の工夫等は
「くわつと」輝く夏の日を
背中にうけつ十数人
えいや声してほそ長な
轆轤にかけし石砕器
高くおとせば、水煙――
四方に雨ふり――魚死せり。

見よまたかなた住吉の
岩にひそます、恐ろしき、
ダイナマイトの導源に
妖の火つとふ荒男――
見る、見る、岩は砕かれて
自然の富もほろびゆく。

いざひとめぐりやすまんと
木蔭に集ひ仰向きに
身を横たふる荒男ども。

滅びゆきたる数々に
代ふべき石にいたづらに
入江に高く堆かれて
人は夕にあこがれぬ。



えあ草紙で読む

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2018 Sato Kazuhiko