えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

雨の日
あめのひ
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「増補 森川義信詩集」 国文社
1991(平成3)年1月10日
初出「裸群」
入力者坂本真一
校正者フクポー
公開 / 更新2018-06-16 / 2018-05-27
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)

広告

えあ草紙で読む
HTMLページで読む

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

amazon.co.jp

広告

本文より


硝子窓から青猫がやつて来てぼくの膝にのる
よろよろとまるで一枚の翳のやうなやつだ
背をなでてゐるとぼうぼうと啼き出し
ぼくの腹の中までぼうぼうと啼き出し
こいつ こいつ …………
だがお前の眼のうるんだ青白い幻燈よ
ゆううつな向日葵のやうにくるりくるりと
黒繻子の喪服の似合ふ貴婦人か
お前は晩秋のやうにぼくの膝にやつてくる

苦い散薬の重いしめりに
色変へるまで青猫を思索するぼくの若さよ
何年も座つてゐたやうに立ち上り窓に歩みよる
ぼくはもうぼくの青猫を放たう
夕暮は力強く窓硝子をおしつけ
その向ふでは雨の跫音が嗤ふ
ぼくは掌をみる ぼくは胸をみる
青猫は――青猫はもうゐない
いや
青猫はまたどこかでぼうぼうと啼きだす



えあ草紙で読む

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2018 Sato Kazuhiko