えあ草紙・青空図書館 - 作品カード

作品カード検索("探偵小説"、"魯山人 雑煮"…)

冬の夜の歌
ふゆのよるのうた
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「増補 森川義信詩集」 国文社
1991(平成3)年1月10日
初出「早稲田派」
入力者坂本真一
校正者フクポー
公開 / 更新2017-12-20 / 2017-12-10
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
▲ PC/スマホ/タブレット対応 ▲
旧Flash版で読む

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

amazon.co.jp

本文より


私は墜ちて行くのだ
破れた手風琴の挽歌におくられて
古びた天鵞絨の匂ひに噎び
黝い霧に深く包まれて
ゆふぐれの向ふへと私は墜ちて行くのだ

今はこの掌に触れた蒼空もなく
胸近く海のやうに揺れた歌声も――
どうしたのだ私の愛した小さくて美しかつたものよ
小鳥たちよ 草花たちよ 新月よ 青い林檎よ

しきりに眩暈がおしよせる心には
悔恨が一本の太い水脈となり――
陰鬱な不協和音が青く戦き
狂つたヴイオロンが駈け廻り
すべては白蝋石の上に痙攣し
腐蝕した玻璃の破片が暗黒の空間に飛散するのだ
ああ 遂に今 若い肋骨さへ噛み穿つ
寒々と冴えた牙の戦慄よ



えあ草紙で読む

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2018 Sato Kazuhiko