えあ草紙・青空図書館 - 作品カード

作品カード検索("探偵小説"、"魯山人 雑煮"…)

廃園
はいえん
副題《断片》
《だんぺん》
著者森川 義信
文字遣い新字旧仮名
底本 「増補 森川義信詩集」 国文社
1991(平成3)年1月10日
入力者坂本真一
校正者フクポー
公開 / 更新2019-08-30 / 2019-08-01
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
▲ PC/スマホ/タブレット対応 ▲

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

amazon.co.jp

本文より


骨を折る音
その音のなかに
流れる水は乾き
鳶色の風は落ちて
石に濡れた額は傾くままに眠つた
みえない推移の重さに
骨を折る音
その音のなかに
佯りの
眼を閉ぢて
凍える半身は
倒れるもの影とともに
うつしく忘却をまつた

骨を折る音
その音のなかに
おまへを鞭うつものはすでにない
目かくしをする掌もなく
いのちににじむ明りもない
凭れかかる肩もなく
壊れてゐる家具さへない

梢をゆすぶる果実もなく
おまへの手はもう
その樹を撃たうともしない

骨を折る音
その音のなかに
ひとつ ひとつ
亡びていつたものは何であらう
ただ暗い調和のうちに
空しい願いや憧れは
どこへ歩いてゆくのか
もの哀しい植物たちのうごく
ひそかな気配がとほつていつた
それはすでに響きではなかつた
地をはなれてとほく消えてゐた
それはすでに明りではなかつた
意識の暗がりにあふれでる影像であつた
それはすでにひとつの意志ではなかつた
いひやうのない深い困憊に沈んでゐた



えあ草紙で読む


find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2019 Sato Kazuhiko