えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

歌のない歌
うたのないうた
副題《夕暮に》
《ゆうぐれに》
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「増補 森川義信詩集」 国文社
1991(平成3)年1月10日
初出「ルバル 18集」1938(昭和13)年11月
入力者坂本真一
校正者フクポー
公開 / 更新2018-08-13 / 2018-08-28
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)

広告

⮞⮞⮞ えあ草紙で読む
旧Flash版で読む
HTMLページで読む

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

amazon.co.jp

広告

本文より


この傾斜では
お伽話はやめて
こはれたオペラグラスで
アラベスク風な雨をごらん
ひととき鳩が白い耳を洗ふと
シガーのやうに雲が降りて来て
ぼくの影を踏みつけてゐる
光のレエスのシヤボンの泡のやうに
静かに古い楽器はなり止む
そして…………
隕石の描く半円形のあたりで
それはスパアクするカアブする
匂ひの向ふに花がこぼれる
優しい硝子罎の中では
ひねくれた愛情のやうに
ぼくがなくした時刻をかみしめる
ぼくはぼくの歌を忘れてゐる



えあ草紙で読む

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2018 Sato Kazuhiko