えあ草紙・青空図書館 - 作品カード

作品カード検索("探偵小説"、"魯山人 雑煮"…)

幻燈
げんとう
副題《幼な日の思ひ出のために》
《おさなひのおもひでのために》
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「増補 森川義信詩集」 国文社
1991(平成3)年1月10日
入力者坂本真一
校正者フクポー
公開 / 更新2018-08-13 / 2018-07-27
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)
えあ草紙で読む
▲ PC/スマホ/タブレット対応 ▲
旧Flash版で読む

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

amazon.co.jp

本文より


せるろいどのやうにふるへる
むかしむかしのお姫さまよ
童話の向ふから童話のやうに掌をあげて
黒びらうどの青い喪服がよく似合ふ
あれ あれ 木馬もお通りなさる
がた がた 首をゆさぶり
はげ落ちた灰色の眼で何を見つめるのやら
みんなみんな蒼白いせるろいどの向ふよ
みんなみんな幻燈の様に通りすぎた昔よ
黒びらうどのお姫さまよ
はげ落ちて歩けない木馬よ
幻燈の後に残されたわたしよ
一枚の絵のないふいるむよ



えあ草紙で読む

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2018 Sato Kazuhiko