えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

街のシルヱット
まちのシルエット
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「沖縄文学全集 第1巻 詩Ⅰ」 国書刊行会
1991(平成3)年6月6日
入力者坂本真一
校正者フクポー
公開 / 更新2018-03-29 / 2018-02-25
長さの目安約 2 ページ(500字/頁で計算)

広告

⮞⮞⮞ えあ草紙で読む
▲ PC/スマホ/タブレット対応 ▲
旧Flash版で読む
HTMLページで読む

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

amazon.co.jp

広告

本文より


――吾等の琉球人に贈る

遠い時と歴史が忘れて行つた一廓!
こゝは無人島か骸骨島ででもあるか
午顔の咲き乱れた白日と謂ふのに
古い石垣通りには蝙蝠の魂が飛び交ひ
奥入衡門には不思議な青蚊帳が吊られて
昼の悪童の悲しき性交もあると謂ふ
印陀羅の幻図そつくりの
揺曳する妖しい影絵の国だ
ああ 何にかしら祈らねばゐられぬ福樹の
森厳な黙示図絵には
何んと謂ふ赤顔童子の祈雨の火遊びが点じられてあるか
ほら 街衢の上の瞋火の干潟を
糸遊の様に痩せさらぼひて
魂ばかりのひよろ長い姿が
何にか喰ひたい願ひで
駝鳥の様に駈つてゐるではないか
それでも街は昔ながらの午睡の時刻なので
この圏環は今
微風と亡霊の遊歩場なのだ
古い世紀の母よ
古い世紀の父よ
そおして
古い世紀の王様よ
あなた達の偸安の[#挿絵]を開け放つてはいけない
あなた達の創生期よりの夢に
こつそり忍び込み
あなた達を脅かす
宿命の赤顔童子は
ほんとうに饑じいんだ
この白日はほんとうに饑じいんだ
古い世紀の母よ
古い世紀の父よ
そおして
古い世紀の王様よ
遠い世界の七月のミンヌクーも
幻の五月の後世爬龍も
青い酒火がチラ/\誘魂する彼岸も
ムショウガリした幻の童子の
妖しい喰気には
あなた達の世紀の魔術も又獏が食ふ悪夢に過ぎないんだ
ああ 饑じい
古い街は饑じがつてゐる
白日は饑じがつてゐる



えあ草紙で読む

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2018 Sato Kazuhiko