えあ草紙・青空図書館 - 作品カード


広告

十二月の島だより
じゅうにがつのしまだより
著者
文字遣い新字旧仮名
底本 「沖縄文学全集 第1巻 詩Ⅰ」 国書刊行会
1991(平成3)年6月6日
入力者坂本真一
校正者フクポー
公開 / 更新2018-04-09 / 2018-03-26
長さの目安約 1 ページ(500字/頁で計算)

広告

⮞⮞⮞ えあ草紙で読む
旧Flash版で読む
HTMLページで読む

find Kindle 楽天Kobo Playブックス

find 朗読を検索

本の感想を書き込もう web本棚サービスブクログ作品レビュー

青空文庫の図書カードを開く

find えあ草紙・青空図書館に戻る

amazon.co.jp

広告

本文より


十二月ですね
もうすっかり冬になったやうな
而もまだ秋らしいやうな
どちらかと言へば煮切らないお天気です

けれども矢張り島の生活はいいですよ
昨日も鶯の声がピヨロピヨロやりましてね
はにかみやで なきむしの僕には
ぴったりふさわしい時季です

机にだまりこくって
「迷想」をかみしめるにとてもいい時です

今日は小雨が哀しく飛んでゐます
かぼちゃ畑が黄色にうるんで
すみっこのやぶかげからは
何やら小鳥のおしゃべりが聞えます

こんな日には
矢張りおしゃべりもなつかしいですね



えあ草紙で読む

find えあ草紙・青空図書館に戻る

© 2018 Sato Kazuhiko